グーグルアナリティクス グーグルウェブマスターツール 違い

ネットショップを1人で運営するためのノウハウ

グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソール

読了までの目安時間:約 5分

 

グーグルサーチコンソールとグーグルアナリティクスの違いとは?

 

83bb7b5d1318b3b7b283bbe15d0ed6a9_s

 

ネットショップを運営するうえで必要なのは検証です。

 

 

どんなキーワードで訪問してきてるのか?ということを知ることにより、そのキーワードに沿った説明文やキャッチコピーを書いていくことによってアクセスを集めやすくなります。

 

 

また、検索エンジンから訪問した人はどのページを見たのか、そしてどこに行ったのかを知ることによってショップ内の流れをしることができます。

 

 
スポンサードリンク


 

 

グーグルアナリティクス

 

グーグルアナリティクスは、まずユニークユーザーとページビュー、それと検索キーワードを知ることがでます。

 

 

ユニークユーザーとは1日に訪問した人数、ページビューは1日に閲覧されたページ数です。また、検索キーワードはどんなキーワードから訪問してきたのかがわかります。

 

 

ただし、最近は全部見れないようになっていて「not provided」と表示される場合があります。これは、ショップに何らかのキーワードで訪問してきているのですが具体的なキーワードが表示されないのです。グーグル側の問題なので、これはどうしようもありません。

 

 

また、ショップ内の訪問経路も知ることができます。詳しくはこちらの記事を参照してください。

グーグルアナリティクス

 

 

 

 

グーグルサーチコンソール

 

次にグーグルサーチコンソールですが、グーグルサーチコンソールでは「検索クエリ」といって、どんなキーワードで表示されたか?また、そのキーワードの検索順位を知ることができます。

 

 

クエリというのは、例えば誰かが「洋服」というキーワードで検索窓に打ち込んだとします。そして、その検索結果が表示され、その中にあなたのショップが表示されていたかどうか?ということです。

 

 

表示されていれば、クエリは「1」となります。1日に10回表示されれば「10」というわけです。また、クリックされれば訪問されたことになり、これもその回数がわかります。

 

 

表示された回数が多いにもかかわらずクリックされてないということは、キャッチコピーに問題がある可能性があります。その場合は、キャッチコピーを修正するなどして改善していきます。

 

 

まとめますと、グーグルサーチコンソールでは、どんななキーワードで検索され、訪問されたのかされてないのか?を知ることができます。

 

 

 

 

まとめ

 

c95bee8b657ff10649171a553abbabd4_s

 

グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールを使いこなすことができれば、自分のショップは何をするべきか?というのが見えてきます。

 

 

訪問はされているけど注文がない、ということはページの作り込みに問題がある、ということになります。また、売れているけどアクセスが少ないということは、キーワードが不足している、ということが考えられます。

 

 

このように自分のネットショップを客観的に見ることによって何をすべきかがわかるようになります。ネットショップを運営しているなら、グーグルアナリティクスとグーグルサーチコンソールは使いこなせるようにしたいですね。

 

 

 

 

タグ : 

グーグルアナリティクス グーグルサーチコンソール   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: