アリババでのトラブル

ネットショップを1人で運営するためのノウハウ

アリババでのトラブルについて

読了までの目安時間:約 3分

 

個人でネットショップを運営する場合、海外からネットで仕入れるケースが増えています。

 

私もアリババから仕入れています。

 

いくつかの企業と取引しましたが、その中で最近トラブルがありました。

 

今回はその事例をお話します。

アリババで商品検索をして、直接メーカーに問い合わせし、その後何回かメールでやり取りをしました。

 

そして金額面で折り合いがつき、振込みました。

 

ところが、

 

ちょうどその時は中国の国慶節という休日らしく、1週間ほど休みだというのです。

 

仕方ないので1週間待ちました。

 

しかし、

 

向こうから連絡はなく、結局こちらから連絡しましたが、今度は注文したカラーがなかった、というのです。

 

工場に確認したら今あるのは1色だけだというのです。

 

仕方ないのでそれでいい、と伝えたのですが、それ以降メールの連絡が途絶えてしまいました。

 

何回送っても返信が来なくなったのです。

 

アリババのサイトからそのメーカーにチャットで連絡もしましたがダメでした。

 

122ドル、日本円で約13000円くらいだから、泣き寝入りするしかないか・・・と思っていました。

 

しかし、こちらに非はないのに損をするのは納得できませんでした。

 

そこで、ペイパル決済だったのでダメもとでペイパルの問題解決センターに連絡してみました。

 

そうしたら、ペイパル側で調査し、正当な理由であれば返金するということでした。

 

結果的に10日後に無事返金ということになりました。

 

今までに、アリババで2つの企業と取引し、今回はが3つめの企業でしたが、すっかり安心していました。

 

アリババには無数の企業が出店しているので、すべてが善良な企業とは限りません。

 

中には、今回のようにいい加減な企業も少なからずあります。

 

初めての取引は、できれば最低ロットで、万が一トラブルに巻き込まれても納得いく金額で取引することをおすすめします。

 

常に最悪の事態を想定し、危険を回避していきたいものです。

 

 

 

タグ :  

ネットショップ運営でのトラブル   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: