ネットショップで副業・起業する方法を公開。仕入れ方法、販売戦略、集客など10年間の運営経験を元に情報提供しています。

ネットショップを1人で運営するためのノウハウ

コピーライティング 小学生でも理解できる文章

読了までの目安時間:約 4分

 

商品説明をする時、どのようにして説明するか?

 

今回は、このことについてコピーライティングの

観点で解説していきます。

 

よく言われるのが、人に何かを伝えるときは、

小学生でもわかる文章を心がける、というものがあります。

 

特にネットショップの場合、

不特定多数の人が見ているため、

いろんな人がいるわけです。

 

 

例えば、

 

 

よく聞く横文字「コスパ」ってありますよね?

 

コストパフォーマンスを省略した言葉ですが、

中には知らない人もいるでしょう。

 

 

自分的には、普段からよく使っている言葉でも、

他人からしたら初めて耳にする人もいる、

 

 

ということを考えながら文章を書いていく

必要があるわけです。

 

 

さらには「コストパフォーマンス」という言葉にしても、

 

 

「コストってなんだっけ?」

 

「パフォーマンスはなんだっけ?」

 

 

というように、読んでいる人にとって

いちいち頭の中で日本語に訳さなければ

ならないわけです。

 

 

こうなると読んでいてストレスになってきます。

 

 

ただし、

 

 

あなたがネットショップで扱っている商品が

誰なのか?ターゲットにもよります。

 

 

 

あなたが販売している商品のターゲットが

10代、20代なら、キャッチーなフレーズ

の方が響くでしょう。

 

 

さっきの「コスパ」というフレーズもアリです。

 

 

しかし

 

 

40代以上がターゲットだったら「コスパ」

控えたほうが無難でしょう。

 

 

「コストパフォーマンス」と伝えたほうが

伝わりやすいはずです。

 

 

さらに、60代以上の場合は「コストパフォーマンス」

ではなく、要約した言葉で伝えたほうがストレスなく

読んでもらえるでしょう。

 

 

ネットショップにおいて、文章で伝える場面というのは、

商品ページ、ブログ、メルマガなど、あらゆる場面で

出てきます。

 

 

その各場面においてわかりやすく伝える、

というのは非常に重要です。

 

 

なぜなら、

 

 

いかにストレスなく読んでもらえるかで

理解、納得してもらい、行動を起こして

もらいやすくなるからです。

 

 

読んでいる時点でストレスを感じさせてしまっては、

商品購入というところまでたどり着けない

ということになります。

 

 

まとめますと、

 

 

・どんなターゲット層であれ、文章全体は

小学生が読んでも理解できるように心がける。

 

 

・ターゲットに応じて、横文字は避けるようにする。

あるいはあえてキャッチーな言葉を使う。

 

 

ということです。

ぜひ参考にしてみてください。

 

合わせてこちらもチェックすると理解が深まります↓

二者択一の質問で購入してもらう方法

 

 

 

 

タグ :  

コピーライティング   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: