ネットショップで副業・起業する方法を公開。仕入れ方法、販売戦略、集客など10年間の運営経験を元に情報提供しています。

ネットショップを1人で運営するためのノウハウ

楽天市場(rakutenichiba)出店のメリットとデメリット

読了までの目安時間:約 8分

 

 

楽天市場は、現在日本で最も有名なショッピングモールです。ただ、運営費が高いということで躊躇している方も多いと思います。たしかに初期費用だけでも最低30万円近くかかります。

 

楽天市場出店のデメリットは初期費用とその後の利用料がかかるということです。

 

しかしながら、出店料だけで判断しないほうが賢明です。

以下に楽天市場出店のメリットとデメリットをまとめてみました。

楽天市場出店のメリット

    • 集客力があるので出店するだけでもある程度売れる
    • 楽天の企画に参加するだけで一定の売上が作れる
    • わからないことはコールセンターで365日対応してくれる
    • ポイントを利用する客が多いのでリピーターがつきやすい
    • 懸賞市場に出品すればすぐにアドレスが集まる

 

 

 

楽天市場出店のデメリット

    • 初期投資が必要(25万~30万円)
    • 月々の手数料がかかる(売上の3~7%)
    • 一定の利益を上げないと手数料だけ取られてしまう
    • ポイント企画は売り上げは上がるが基本的に自己負担
    • メルマガ配信は週に1回以上配信する場合は有料
    • 購入者のアドレスを管理することができない
    • 広告を出稿してもクリック測定ができない
    • 契約者を変更できないので、将来的に売却ができない

 

楽天市場出店,楽天市場開店,楽天市場比較

 

こうして見るとデメリットのほうが多くなっていますね^^

 

楽天の場合、何をするにもお金がかかります。

 

例えば、商品をCSVで一括登録する場合。

 

一括登録のシステムを利用するには、月1万円かかります。

 

また、メルマガを週に何回も配信する場合や、アフィリエイトで料率を変更する場合。

 

これらも利用するのにそれぞれ月1万円かかります。

 

全部利用しようとすると、月々のロイヤリティ以外に3万円もの余計な費用がかかります。

 

 

楽天市場出店はしないほうがいいのか?

 

 では、ネットショップを運営する場合、楽天市場には出店しないほうがいいのか?

 

私は現在、楽天市場に出店して通算8年くらい運営しています。

 

その中で感じることは、なんだかんだいって「利益は出ている」ということです。

 

ただ、失敗も多く経験しています。

 

50万円の広告に出して効果がなかったり、10万円の広告は何回も出稿してみましたが思ったような効果はありませんでした。

 

現在は、最低限の費用に抑えて運営しています。

 

なのでコンスタントに利益は出ていますし、独自ドメインのショップよりも売り上げが多い月もあります。

 

 

 

固定費を最低限に抑える

 

月々の固定費を最低限に抑えて運営していけば楽天でも十分に売り上げを作ることができます。

 

楽天市場出店最大のメリットは、なんといっても「楽天の集客力」です。

 

 

楽天市場出店,楽天市場開店,楽天市場比較

 

 

やはり日本国内では、楽天市場といえば知らない人がいないくらい知名度があります。

ほとんどの人は「ネットで買い物」といえば真っ先に楽天市場をイメージするのではないでしょうか。

 

なので、楽天に訪問するユーザーというのは最初から購入意欲が強い人たちなのです。

 

例えば、楽天ではいろんなイベントを開催します。

 

買い物マラソン

楽天スーパーセール

 

こういったイベントに参加すればまず一定の売り上げが作れます。

 

しかし、参加しなくてもある程度売り上げが上がります。

 

この期間は勝手に訪問客が増えて、特に何もしなくてもある程度売れるのです。

 

このような企画は大体月に1回はあるし、それ以外にも小さなイベントやポイント企画があるので、それらをうまく活用していけばそれなりの売上は作れます。

 

 

楽天市場に出店すると月にいくらかかるのか?

 

では、楽天市場に出店すると月にいくらかかるのか?

 

まず楽天市場にロイヤリティを払う必要あります。

 

プランによって違いますが、売上の3~7%です。

 

それからクレジット決済手数、アフィリエイト原資。

 

それと半年に1回楽天利用料を支払います。

 

ライトプラン、スタンダードプラン、メガショッププランによって金額は違いますが、おおよその目安は以下のとおりです。

 

楽天市場出店,楽天市場開店,楽天市場比較

 

上記の楽天のデータによると、大体月商の10%以下となっていますが、このほかにさきほども言いましたように、楽天の出店料が半年に1回かかってきます。

 

ですので、年間で見ると大体売上の15%くらいかかる感じです。

 

 

結論

 

結論として、楽天市場出店はメリットもデメリットもありますが、最大のメリットは集客力です。ネットショップで売り上げが作れない最大の理由は、集客がうまくできないのが原因です。

 

楽天市場には、すでに買う気満々のユーザーが毎日のようにたくさん訪問してきます。

なので、出店料や月々のロイヤリティは「集客のための費用」と考えれば、むしろ安いくらいです。

 

楽天市場出店で失敗する店舗というのは、理由はいろいろ考えられますが、考えて運営していないからだといえます。

 

ライバルショップとの兼ね合いを考えてなかったり、広告に頼りすぎたりしていることが原因です。

 

ですが、うまく立ち回れば十分利益は取れますので、これから楽天市場に出店しようという方は、是非チャレンジしてみることをオススメします。

 

楽天に出店を検討している方は、まず楽天出店に関する資料と出店している店舗の成功事例がわかる資料に目を通してみてください。

 

楽天市場出店無料資料請求

 

 

 

 

タグ :   

楽天市場出店   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

comment closed