ネットショップで副業・起業する方法を公開。仕入れ方法、販売戦略、集客など10年間の運営経験を元に情報提供しています。

ネットショップを1人で運営するためのノウハウ

ネットショップ運営の集客 SEOの基本

 

 

ネットショップ運営で集客するための、

SEO対策のポイントについてお話しします。

 

 

ネットショップをオープンしただけでは、商品を売ることはできません。

 

なぜなら、

 

誰もあなたのショップに気づかないため、

訪問客が訪れないからです。

 

こちらから自分のショップを知らせる必要があります。

 

ではどうやって集客すればいいのか?

 

 

まず

 

その商品を探している人はどうやったらあなたのショップに

たどり着けるか考える必要があります。

 

もし、あなたがネットで欲しいものを探すときどうするか?

 

商品名がわかっているなら、そのものズバリで検索するでしょう。

 

 

しかし、もっと詳しくピンポイントで検索したいと思い、

「商品名+○○」で検索するのではないでしょうか?

 

この「商品名+○○」が、あなたのショップの商品ページに

あれば検索エンジンで検索した時に表示されるわけです。

 

これを「複合キーワード」といいいます。

 

商品ページに○○がなければ表示される可能性は

きわめて低いでしょう。

 

 

なぜなら

 

検索エンジンは、あなた以外のサイトで○○があるサイトを

優先するからです。

 

ここを意識しないと、いくらショップを作りこんでも

検索エンジンから興味あるお客様を呼び寄せることは

難しいといえます。

 

ちなみに、商品名のみは「ビックキーワード」なので、

大手の企業などがSEOをかけて上位表示させてくるので

ここで勝負するのは避けるべきです。

 

 

また、ユーザーの視点から見ても、さっき言ったように

欲しい人は、商品名だけで検索しても、自分の欲しい

商品に1回ではたどり着けないのを知っています。

 

なので、高い確率で「商品名+○○」で検索してくるでしょう。

 

であれば、先回りし、どんな検索キーワードで検索してくるのか
考え検索エンジンにヒットするように作りこんでいく必要が
あるわけです。

 

まとめますと、

 

ネットショップをオープンしてやるべきことは
まず、あなたの商品を誰がどんなキーワードで検索

してくるか考えることです。

 

そして、検索するであろうキーワードを商品ページに
しっかりと盛り込む、ということです。

 

ちなみに、グーグルの検索窓などで商品名を入力
しようとすると「商品名+○○」と勝手に一覧が出てきます。

 

要するに、検索エンジンがユーザーに対して、

 

「こんなキーワードもありますよ~」
親切に教えてあげるんですね。

 

そのキーワードは、過去に誰かが検索した
キーワードです。

 

それらをグーグルは親切に表示させているので、
そこに出てきたキーワードは重視したほうがいいですね。

 

過去に誰かが検索しているわけですから、
需要があるキーワードと考えるべきです。

 

そこに出てきた文言を商品説明に入れてあげる
だけでも反応は違ってくるはずです。

 

ぜひ意識してやってみてください。

 

 

日刊メールマガジンではより濃い内容を配信しています↓

あなたのメールボックスにほぼ毎日ネットショップに役立つ情報が届きます!