ツイッターから集客するためのしくみ作り

ネットショップを1人で運営するためのノウハウ

ツイッターからネットショップに集客するための仕組み作り

読了までの目安時間:約 12分

 

a68a57a36b1a75c8b23e08878712136e_s

 

 

ツイッターは2014年の調べでは、利用者数が1980万人といわれています。

ということは、それだけ人が集まっているということなので、見込み客を集客するには最適な媒体です。

 

ネットショップを運営しているなら、ぜひツイッターからの
集客方法をマスターし、売上アップに活用していきましょう。

 

ツイッターのアカウントをまだ作ってない場合は、

始めにアカウントを作っておいてください。

 

無料ですぐに作れます↓

https://twitter.com/

 

ツイッターって何?っていう方はこちらの記事を参考にしてください。

ネットショップ集客に効果的なツイッターとは

 

 

では、アカウントを作っていることを前提で解説していきます。

 

 

 ツイッター集客を自動化させるbotとは

ツイッターbotとは?

ツイッターbotとは、つぶやきを貯めておくツールです。

無料で提供しているサイトがあり、登録すれば時間を設定するだけでつぶやいてくれます。

 

例えば、100つぶやきをBOTに登録したとします。

 

そして時間を「1時間ごとにつぶやく」に設定すると、設定を解除しない限り永遠に1時間ごとに1つぶやきます。

 

つまり、放置状態で勝手につぶやいてくれる、という仕組みです。

 

ちなみに、アカウントを凍結されることはありませんのでご安心ください。

 

ネットショップの集客には効果的

 ネットショップであれば、1つぶやきに1商品を紹介するようにします。

商品画像と商品説明、そして商品ページへのリンクを記載します。

 

例えば、商品点数が500点あるなら、500つぶやきをBOTに登録しておけば、自動で永遠につぶやいてくれます。

 

なので、毎日時間を作ってつぶやく必要はありません。

 

もちろんリアルタイムでセールや、新商品がある場合はつぶやきますが、定番商品などはbotにつぶやきを登録して自動でつぶやくようにしておきましょう。

 

それでは、こちらのbotというサイトに登録します。

無料で利用できます。

twittbot

 

 では、botの登録のやり方、つぶやき方を解説していきます。

 

 

 

botへの登録方法

 twittbotの画面を開くと、

▼このような画面が出てくるので、ログインしてください。

 

 

bot1

 

 

 


 

 

 

▼次に表示されている数字を入力し「クリエ送信」をクリックします。

bot1

 

 

 


 

 

 

 

▼ ツイッターのログインしていることを確認し「連携アプリを認証」をクリックします。

bot1

 

 

 


 

 

 

 

▼次に「つぶやき」をクリックします。

bot1

 

 

 


 

 

 

 

▼そして、四角の中につぶやきを登録してきます。

bot1

 

 

 その前に、画像を入れる場合は以下の作業が必要となります。

 

 

画像は、一旦普通にツイッターでつぶやき、そこに表示された画像用のURLを利用します。

 

botにいきなり他のところでアップロードしたURLを登録しても表示されませんので注意してください。

 

必ず、つぶやいて表示された画像のURLを使ってください。

 

下図の「pic」から始まるURLが画像URLです。


これは、botではなく、まずツイッター上で普通につぶやきます。
すると、URLが表示されます。

そして、つぶやきごとコピペしてください。それを先ほどの上記のbotにペーストして登録します。

画像があるつぶやきとないつぶやきでは、見てもらえる確率が変わってきます。できるだけ画像も登録してきましょう。

 

bot1

 ※注意点として、上記のつぶやきを削除すると、画像も消えてしまいますので、そのままにしておいてください。

 

以上の作業を繰り返してつぶやきを登録していきます。

 

 

 

 


 

 

 

 

つぶやきの詳細設定

 

▼次に自動でつぶやくように設定します。「詳細設定」をクリックします。

 

bot1

 

 

 


 

 

 

▼赤枠で囲っている部分を設定し、それ以外は特に設定する必要はありません。

bot1

 

 

上記の例では、

・1時間ごとにつぶやく

・0時~7時まではつぶやかない

 

という設定になっています。

 

これでbotに溜めたつぶやきを24時間365日、勝手に起動します。

 

なので、つぶやきは商品点数分溜めておけばいいでしょう。

 

最初は大変ですが、一度登録してしまえば、あとは勝手につぶやいてくれるのでほぼほったらかしですから。

 

 

以上が、botに登録する手順でした。

 

 

 

 

フォロワーを増やすには?

ツイッターでつぶやいているだけでは集客はできません。

ツイッターには、フェイスブックでいう友達みたいな制度があります。

 

フォローとフォロワー

ツイッターでは友達とは言わず、「フォロー」といいます。友達とフォローはほぼ同じ意味だと思っていいでしょう。

 

自分が他のアカウントをフォローし、相手も自分のことをフォローしてくれた場合、相互フォローといいます。

 

ツイッターは、フォローフォロワーで成り立っています。

 

つまり、自分が相手をフォローする、相手が自分のことをフォローしている場合、それをフォロワーといいます。

 

そして、このフォロワーをいかに多く集めるかが集客のポイントとなります。

 

なぜなら、自分がつぶやくとフォロワーにそのつぶやきが一斉配信されるからです。

なので、フォロワーは多ければ多いほどつぶやきを見てもらえる確率が高まります。

 

 

 

▼フォロアーを増やすポイントについて解説します。最初のうちは、

「相互フォロー」というキーワードで出てきたアカウントをフォローしてきます。

なぜなら、フォローしてもらえる可能性が高いからです。

最初のうちは、いかにフォロワーを増やすかがポイントです。
そして、2000フォロワーくらいから属性を絞ってフォローしていきます。

 

2000フォロワー未満だと、規制があり凍結されるリスクが大きいためです。

 

 

bot1

 

 

 

2000フォロアーを超えるまでは、とにかく属性に関係なくフォロワーを増やしていくようにします。

 

しかし、これだけでネットショップのツイッター集客を成功させることはできません。

ある程度のフォロワーが増えても調整していく必要があります。

 

次は、フォロワーの数を調整する方法を解説していきます。

 


 

 

 

フォロワー数の調整について

 

▼こちらがフォローしても、相手からもフォローされるとは

限りません。そうなると、フォローとフォロワーのバランスが崩れ、
なかなかフォロワーが増えないということになります。

そこで、定期的にフォロー数を調整していく必要があります。
しかし、手作業でフォローしてもらってないアカウントを探すのは
物理的に不可能です。

そこで、フォローしてもらってないアカウントを自動で検出してくれる
サイトを活用して調整していきます。

ManageFlitter

 

 

▼スタートをクリック

bot1

 

 

 

 


 

 

 

▼次に「Manage」→「Unfollow」と進んでいきます

bot1

 

 

 


 

 

 

 

▼次に、四角のアイコンをクリックすると、アカウントのアイコンが表示されます。

このアイコンは、自分のことをフォローしていないアカウントなので、
削除していきます。

ただし、一度にあまりにも多数のアカウントを削除すると、凍結されるリスクがあるので、
最大でも1日50アカウント程度にしておきましょう。

bot1

 

 

 

以上が、ツイッターから集客するためのフォロワーを増やす仕組みです。

 

あとは、毎日繰り返し、徐々にフォロワーを増やしていきます。

 

ツイッター集客の場合、基本的にこちらから積極的に
フォローをしていき、フォロー返しをしてもらうことが普通です。

 

多くの人はそうやってフォロワー数を伸ばし続けています。

しかし、この行為を繰り返すといずれ壁に突き当たります。

それが、フォロワー2000の壁とフォロワー1.1倍の壁です。

 

ツイッターのルールとして、フォローはフォロワーの1.1倍までしかできません。
1.1倍は常時適用されます。2000の壁は2000までは制限なしでフォローできますが、
2001フォローをするには、1820フォロワーが必要ということになります。

 

なので定期的にフォロー整理をしておかないと、ツイッターから集客することはできません。

 

合わせて読んでおきたい記事

ツイッター集客をさらに自動化させる方法

 

 

 

 

タグ :  

ツイッター集客 集客   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: