40代から副業・起業する方法を公開。12年間のネットビジネス経験を元に初心者でも稼げる情報を大公開!

40代からの副業・起業ネットビジネス成功法

物販をやっている人は情報発信もやるべき3つの理由

読了までの目安時間:約 8分

 

 

今回のテーマは、ちょっと上級者向けのお話しになります。

 

 

物販ビジネスをやっていると、売れる商品や傾向が分かってくるので、毎月ほぼ売り上げを作ることができます。

 

 

そのため、物販だけで十分な利益が出るので、それ以外のビジネスをやる気が起きないという場合が多いでしょう。

 

 

事実、私の扱っている商材のライバルショップは何十年も代り映えしないところがほとんどです。まぁ、私も一緒ですけどね(笑

 

 

しかし、人生レベルで考えた場合、物販を基本とした情報発信もやることをオススメします。

 

 

理由は以下の3つです。

 

  1. レバレッジが効く
  2. 収入源の分散
  3. 社会的役割

 

 

 

 

情報発信はレバレッジが効く

情報発信は、物販のノウハウを人に教えるというビジネスモデルですが、方法はいくつかあります。

 

  • セミナー
  • コンサル
  • 教材販売
  • スクール運営

 

このようにいくつかの方法がありますが、情報発信の最大のメリットは利益のレバレッジが効く、ということです。

 

 

例えば、コンサルをする場合、集客さえできていれば、それを周知するのにメルマガ、あるいはLINEで告知するとします。

 

 

リスト、つまりお客様が100人いても1000人いてもメール1通で全員に知らせることができるのです。

 

 

要するに1対100でも1対1000でもメール1通送る労力は変わりません。

 

 

なので、リストが多いほど少ない労力で利益を最大化できるのです。

 

 

一方、物販は仕入れたものを1個づつ販売しますが、売れたら発送しなければなりません。

 

 

たとえ、アマゾンのFBAに預けるにしても、アマゾンに発送しなければなりません。そして、また無くなったら仕入れて発送、の繰り返しです。

 

 

つまり、物販ビジネスというのはレバレッジが0なのです。

 

 

さらにいうと、物販は自分がもし病気になったり、怪我をして仕事ができなくなったら収入が途絶えてしまいます。

 

 

しかし、情報発信は継続的な仕組みを作っておけば、自分がいなくても収入が途絶えることはありません。もし、コンサルしてる時に最悪入院していたとしても、スマホがあれば最低限やり取りが可能です。

 

 

また、情報発信はコンテンツを作ってステップメールで販売、SNSやブログから集客という仕組みを作っておけば毎月最低限の収入は確保できます。

 

 

さらに、情報発信に必要なものは自分の知識だけです。仕入れも発送も必要ありません。コンテンツを作るといっても、一度作ってしまえば音声にしろ、動画にしろPDFにしろメール一通で無限に配ることができます。

 

 

ですので、物販である程度の実績があるなら、ぜひ情報発信に取り組んでみてください。

 

 

最初はまったく利益にならないため、物販に比べて面白みはありませんが、仕組みが出来上がり実際に収益が発生すると逆に物販が馬鹿らしくもなってきます。

 

 

 

 

 

収入源の分散

情報発信をやるべき2つ目の理由は、収入源の分散です。

 

 

物販ビジネスは、誰でも比較的簡単に稼ぐことができますが、他人に依存している部分が多々あります。

 

 

例えば、私はネットショップを運営していますが、材料を仕入れて工場に制作してもらっています。

 

 

まず、材料を購入するお店と関わっています。そして、工場にも関わっています。そして、商品が売れたら運送会社に集荷に来てもらっています。

 

 

これらのどこか1つでも滞ってしまうと、売り上げが立たなくなります。特に地震などの災害があると、物流がストップしてしまうので、当然売り上げがストップします。

 

 

このように、普段意識していないかもしれませんが、物販というのは万が一の時は非常に脆弱なビジネスモデルなのです。

 

 

しかし、情報発信からも収益があれば、不測の事態が起きても収入源が途絶えることがありません。

 

 

 

 

情報発信の社会的役割

情報発信のもう1つの意味合いは、自分の持っている物販の知識を人に伝える、ということです。

 

 

崇高なことのように感じますが、物販は誰でも稼げる、といってもこれから物販を始める人にとっては何をどうしたらいいかわかりません。

 

 

そのため、あなたの知識を教えることで、その人が稼げるようになります。例えば、物販を始める理由は様々ですが、中には借金を背負って大変な人生を歩んでいる人もいるでしょう。

 

 

しかし、その人に物販のやり方を教えることによって、その人が稼げるようになり借金を返すことができれば、あなたは間接的にその人を救うことになります。

 

 

コンサルにしろセミナーにしろ、自分も利益を得ることができ、他人を救うことができるビジネスモデル、それが情報発信なのです。

 

 

物販はあくまで自分だけが稼ぐビジネスモデルですが、情報発信はこのように人を助けることがきるビジネスモデルでもあるのです。

 

 

ですので、すでに物販をやっている人、またこれから物販を始める方は、ぜひ情報発信も視野に入れてみてください。

 

 

 

タグ :  

情報発信

この記事に関連する記事一覧