40代から副業・起業する方法を公開。12年間のネットビジネス経験を元に初心者でも稼げる情報を大公開!

40代からの副業・起業ネットビジネス成功法

物販ビジネスにおけるOEM生産のリスクについて

読了までの目安時間:約 7分

 

こんにちは。百瀬です。

 

 

物販ビジネスのリスク管理について。
詳しくは編集後記で。

 

 

私は現在、国内生産でOEMをしています。
OEMとは自社ブランドで一括生産する方法です。

 

 

OEMのメリットは既製品を仕入れるよりも
安く作ることができ、自分だけのブランドで展開
できることです。

 

 

当然利益率も既製品を仕入れるよりも
いいので、利幅を大きくすることができます。

 

 

スポンサードリンク


 

 

一方で、ロット数の縛りがあるので、
それなりの数量作らなければなりません。

 

 

私の場合、大体ですが月に20~30万円
程度になる場合が多いです。

 

 

そして、デメリットも当然あります。

多くの方は在庫のリスクだと思うかもしれません。

 

 

たしかに大量に作るため、売れなかったら
在庫になります。

 

 

しかし、それより厄介なのはマネされることです。

どういうことかというと、製造を
お願いしている工場自体がネット販売を
始めるということです。

 

 

つまり、どういう商品が売れ筋で
どうやって販売しているか、というのは
こちらのショップを見れば大体わかります。

 

 

それらをマネされて運営される
というリスクがあるのです。

 

 

もちろん、ブランドは違いますが、
デザインなどは似たり寄ったりです。

 

 

そのため、ニッチな商材の場合、
その少ないターゲット層の奪い合いと
なってしまいます。

 

 

もちろん、工場側は自分のところで
製造しているわけですから、いくらでも
値段の操作は可能です。

 

 

送料無料とか、値引き率を大きくしたりとか、
こちら側は絶対に勝ち目はありません。

 

 

中国輸入などでは、OEMを推し進めている
人もいますが、現在アマゾンでは中国人が
多く参入して売りづらくなっている現状です。

 

 

このようなことを回避するには、やはり
売り方を工夫する必要があります。

 

 

製品はマネされても、販売手法は
なかなかマネすることはできません。

 

 

メルマガ読者を1人でも多く集め、
その人たちに魅力的なオファーを
するなどです。

 

 

要するに、これからは商品を単に
並べているだけでは、売り上げを
上げ続けるのは難しいということです。

 

 

OEMは利益率がいいので、やったほうが
いいのですが、将来的なリスクもおぼえて
おくべきですね。

 

 

ネットショップアカデミーZERO-9
OEMのリスクについて

 

 

 

スポンサードリンク


 

 

編集後記

 

本題でもお話ししたとおり、物販ビジネスには
いろんなリスクがあります。

 

 

そして、そのリスクというのは、
利益に直結します。

 

 

私は過去に、いろんなリスクを経験してきました。

 

 

去年は楽天で知らないところで
規約違反を犯し、罰金を140万円
支払いました。

 

 

そして、結局退店しましたが、
ヤフオクを始めることで売り上げを
維持してきました。

 

 

また、さきほどお話したOEMを
頼んでいる工場がネットショップを
運営し始めたのも2017年でした。

 

 

ですが、それらを乗り越えて
今も売り上げを確保し運営し続けています。

 

 

知恵を絞って売り上げを落とさないように
考えに考えてきたからです。

 

 

逆に考えると、それらの困難が
より自分を強固なものにしてくれました。

 

 

物販ビジネスに限らず、自分で何らかの
ビジネスをするのは、常にリスクと
隣り合わせです。

 

 

なので、どんなことにも対応できるように
常に自分を磨く必要があると思います。

 

 

スポンサードリンク


 

 

 

タグ :   

ネットショップ売上ノウハウ ネットショップ運営でのトラブル ネットショップ運営ノウハウ    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: