40代から副業・起業する方法を公開。12年間のネットビジネス経験を元に初心者でも稼げる情報を大公開!

40代からの副業・起業ネットビジネス成功法

第1回タイ仕入れツアー終了しました!

読了までの目安時間:約 17分

 

 

サワディーカップ!

 

 

今回、初めてタイ仕入れツアーを開催しましたが、予想に反して全員ネットビジネス経験者の方でした。

 

 

しかも、それぞれが物販でやり方も異なり、とても面白い組み合わせでした。

 

 

6年ほど前に情報発信メインでやっていたころ、セミナーなどを開催したことがありましたが、懇親会などでお会いする人たちと話をするのがとても楽しかった経験があり、今回もまったく見ず知らずの人と会うのが楽しみでした。

 

 

さらに今回は、同じ物販経験者ということで話が合い、実際にやっている人にしかわからない話などもすることができて、とても楽しかったです。

 

 

参加された3人の方を簡単に紹介すると、、、

 

 

NKさん

愛知から参加。せどりで全国を回り、月に数百万利益を上げているという強者で、最近は国内にとどまらず中国にも進出。そして今回、タイにも興味を持ち、ツアーに参加されたということです。

 

 

NTさん

大阪から参加。彼は士業を本業としていて、副業でネットショップを運営しているということです。今回は、いろんな商品を仕入れていました。また、タイでしか手に入らない商品をスーツケース一杯に買っていました。いずれは物販をメインにしたいということです。

 

 

IMさん

東京から参加。彼女は、週3日の派遣の仕事をしながらカメラ転売で稼いでいるということです。しかし、彼女の凄いところは海外旅行をしながら、行った先の国で利益の出るものをあらかじめネットで調べ、旅行代金を稼いでいるという徹底ぶり。さらに、マイルにも精通していて飛行機代のほとんどをマイルで乗っているとのこと。

 

 

このように、参加された方は自分に持っていないノウハウを持ち合わせた方たちでしたが、同じ物販というビジネスモデルなので、いろんな面で話が合い、とても楽しい時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

タイ仕入れツアー1日目

この日の予定は、プラットゥーナム市場をメインに回る予定でした。

 

 

バイヨークスカイホテルで朝9時に待ち合わせ。

 

 

 

ほぼ時間通りに全員集まり、まずは両替をするためにプラトゥーナム市場近くのスーパーリッチへ。そして両替を済ませたら、いよいよプラトゥーナム市場へ向かいます。

 

 

しかし、プラットゥーナム市場は衣料がメインのため、参加された方々が見たいものがあまりなかったため、1時間ほどで回りきってしまいました(笑

 

 

 

そのため、ジュエリーなどのショップがあるパラディアムワールドへ移動。ここでは、参加者の方々が利益になりそうなものをお試しで少量仕入れていました。

 

 

 

 

そして、ちょうどお昼ということでパラディアムワールドのフードコートでランチタイム。パラディアムワールドのフードコートはいつも空いているのでゆっくりと食べることができます。

 

ただ、食券が他のフードコートと違ってカードではなく、購入する分だけ食券を購入する、というシステムのようで、この点は他のフードコートの方がいいですね。

 

 

 

 

 

 

予定変更でウィークエンドマーケットへ

ここで、革製品を見たいという方がいたため、予定を変更してウィークエンドマーケットに行くことになりました。

 

 

ちょうど前回、私が革製品の店を回っていたのでその店を探しながら案内していきました。

 

 

ウィークエンドマーケットはかなり入り組んでいるため、以前行った店を探すのは至難の業なのですが(笑

 

なんとかみつけることができました。

 

 

NTさんは、革製品とジュエリーを売りたいということで、ここで革製品をかなり購入していきました。

 

 

この店は牛革専門の店で、その場で手作りしていて、かなり人気があります。また、お店の方もとても気さくな人で好印象です。

 

 

タイでは、お店によっては不愛想な店員も結構いるのですが、このお店の方はいつも笑顔で迎えてくれます。

 

 

また、商品も安いのでOEMなどで本格的に作ってもらうのもアリだと思いました。

 

 

1時間ほど回り、かなり汗だくになったので休憩タイム。

 

 

フルーツをその場でシェイクしてくれる、南国ならではの飲み物をいただきました。

 

 

ウィークエンドマーケットは、本当にいろんなものがあり、見ているだけでも楽しいですね。

 

こんなのも日本で売れるかもしれませんね↓

 

 

その後、主要な通りを一通り周り、ウィークエンドマーケットを後にしました。

 

 

 

 

ディナータイム

夕方からは、1日の疲れを癒すべく、タイ料理店へ。

 

 

私が何回か行っている店で、1品1品の量が多くいつも満足の行くお店です。

 

 

 

全員ビールが飲めるということでハイネケンで乾杯!

 

 

みんなが会社に雇われず、自分でビジネスをしている人たちなので、話が尽きることがなくあっという間に3時間以上が経ちました。

 

 

明日もあるため、この日は21時過ぎにお開きとなりました。

 

 

 

 

タイ仕入れツアー2日目

本来は、2日目にウィークエンドマーケットに行く予定でしたが、昨日すでに行ったため、今日はカオサンとチャイナタウンのヤワラートに行くことにしました。

 

 

プラトゥーナム市場近くの船乗り場から船でカオサンの近くまで行きます。

 

 

船では、係の人が料金を徴収して回ってくるのですが、なぜかIさんだけ11バーツ徴収され、自分を含め3人は徴収されませんでした。

 

 

5月に行ったときはたしか15バーツだったと思ったのですが、結局終点まで無料で行ったことになりました(笑

 

 

そして、タクシーでカオサンまで。

 

 

NTさんが革製品を見たいということで、5月に行ったカオサンにある革製品の店を案内しようとしましたが、あいにく日曜日は休みでした。

 

 

その代わり、通りかかったジュエリーの店でいくつか商品を購入していました。

 

 

その後、チャイナタウンへ。

 

 

タクシーがなかなかメーターを回さず、結局200バーツで手を打ちチャイナタウンへ向かいました。

 

 

 

 

ヤワラート

チャイナタウンは、5月にも行きましたがやはりイマイチ勝手がわからず、歩き疲れたところで昼になったので昼食をとりました。

 

 

香港料理っぽい店で冷房が効いていて、歩き回って汗だくの体にしばしの安らぎを与えてくれました。

 

 

 

 

その後、チャイナタウンはあまりよくわからない、ということで電化製品が充実しているMBKを案内することにしました。

 

 

 

 

MBK

MBKは、電化製品はもちろんですが、ほとんどのものが売っている巨大なショッピングモールです。

 

参照:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:MBK_Bangkok_1.jpg

 

終日観光客や地元の人たちでにぎわっているところです。

 

 

NKさんやIMさんはカメラ転売もやっているということで、MBKにはカメラの店も多いため、いろいろと商品を物色していました。

 

 

その中で、NKさんがどうやら利幅のとれる商品を見つけ、さっそく店員と交渉していました。

 

 

スマホを見ながら国内の価格を確認し、価格交渉で値段を吟味しながら、ようやく購入したようです。

 

 

せどりをしながら全国を周っているだけあって、売れる商品は見逃さないところはさすがだと思いました。

 

 

その後、IMさんの事前調査で、タイのとある日用品が国内で売れているということで見に行きました。

 

 

たしかに利幅が取れるようでした。タイの製品は個人で販売する場合、自分で持って帰るしか方法がなく、そう考えると重さの関係もあるのでなかなか難しい部分があります。

 

 

私は、自分の商材を仕入れるとそれでいっぱいになるため、とある日用品は断念しましたが、持って帰る余裕があればお小遣い程度にはなるので、今度来た時に買ってみようと思いました。

 

 

さすがIMさんです。このようにして世界各国の利幅のとれる商品を調べて旅行に行けば、旅費を浮かせることができるな、ということがわかりました。

 

 

ただし、MBKよりももしかしたらもっと安いところがあるのでは?ということで、ビッグCという地元民御用達のスーパーマーケットに行くことにしました。

 

 

MBKを出たときにちょうど雨が降り出し、電車に乗るころには土砂降りになっていました。

 

 

写真ではわかりづらいですが、電車を待っている間かなりの量の雨が降り続いていました。

 

ただ、ビッグCに到着したころには雨は止んでしました。

 

 

ここで、私は仕事がありホテルに戻りました。他の3人はビッグCで買い物をするということで18時に再度合流することに。

 

 

 

 

 

最終日ディナータイム

18時に再び合流しました。

 

 

NTさんは、とある日用品を大量に購入していました(笑

 

 

ほぼ確実に利益が取れるので、問題ないですがかなりの重量でしたね。

 

 

夕食は、以前宿泊したことのあるホテルの通り道で、なかなかオシャレだなと思っていた店に行ってみました。

 

 

ジャズが流れていて、アメリカンな雰囲気の店構えでした。オープンテラスでしたが、暑かったので窓を閉めてもらいエアコンと扇風機をガンガンにしてもらいました(笑

 

 

お店の方もとても気さくな方で、とても居心地が良かったですね。

 

 

最終日のディナーも終始楽しく、話が尽きることはありませんでした。

 

 

最後の晩餐。お疲れさまでした!

 

 

 

 

最後に

今回、初めてタイ仕入れツアーを開催して感じたのは、人と人とのふれあいがとても心地よい、ということを再認識しました。

 

 

物販は、基本個人でやるので多くの方は孤独だと思います。私自身、人と関わらないという点ではストレスがなかったのですが、逆に誰とも話をする機会がない、というのがストレスでもありました。

 

 

しかし、誰でもいいというワケではありません。自分と価値観が違う人と話してもストレスになるからです。

 

 

タイ仕入れツアーを開催したことによって、開催しなければ絶対に会うことのなかった人たちに会うことができたというのは、自分の中では大成功だったと思います。

 

 

また、彼らはノウハウも持ち合わせていたため、今後新たなビジネスのアイデアも出てきました。

 

 

私がいつも考えていることは、人間は永遠ではないということです。いつかは死を迎えます。しかし、自分が得た知識は人に伝えることによって後世に残すことができます。

 

 

残り少ない人生で自分ができることは、1人でも多くの方に、会社に雇われず自由に生きて行くことが誰にでも可能ということを伝えたいのです。

 

 

ネットショップ、というと敷居が高いかもしれませんが、今回参加された方々のノウハウは誰にでも再現可能なビジネスモデルだと思いました。

 

 

話が逸れてしまいましたが、タイ仕入れツアーを無事やり終えて思ったことは、、、今後も継続して行っていこうという、モチベーションがより一層強くなりました。

 

 

第2回の仕入れツアーはまだ未定ですが、必ず開催したいと思います。

 

 

もちろん、これからネットビジネスを始めてみたいという初心者の方も大歓迎です!

 

 

また、時期が決まりましたらこちらのブログ、メルマガでお伝えしますので、今回参加できなかった方はぜひご期待ください!

 

 


よく読まれている人気記事ベスト5


質問やご意見はこちらからお気軽にどうぞ。

ECサイト作成講座
▲ネットショップの始め方を徹底解説しています

 

タグ : 

タイ仕入れ 仕入れツアー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: